■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天神島臨海自然教育園
今朝は風も冷たく、早朝サイクリングは中止。 代わりに朝食後、いつものコースで大楠トンネルを通って佐島へと向かいました。

2017nov9a.jpg
快晴で、海が光っています。

2017nov9d.jpg
いつもこの近辺を通るのは朝の7時ごろ。今日はもう9時を過ぎていて、普段は閉まっていて入ることのできない天神島臨海自然教育園もオープンしています。 本来なら自転車は進入禁止なのですが、開園したばかりで他にお客さんの姿もなく、富士をバックに写真を撮るため特別に許可を得ることができました。

2017nov9c.jpg
正面には富士、その右手には笠島、そしてさらに遠く右端には江の島も見えます。

2017nov9b.jpg
実はこの天神島臨海自然教育園に入るのは47年ぶり。あの頃に比べると体形や髪型はすっかり変わってしまいましたが、精神年齢はほとんど変わっていません。 んー残念!

スポンサーサイト
三浦半島情報 | 23:32:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
自転車+武山=満身創痍
午前中に倒れ掛かったヤシの伐採と後片付けを終え、午後からは自転車で武山に挑戦。 後悔先に立たずとはよく言ったものです。


岩戸中学から光の丘を抜け、NTT研究センター反対側の登山道へ自転車でいざ突入。 予想に反し全く舗装されていない時代劇にも使えそうな険しい山道。 昨夜の台風のせいで、至る所に水が流れ、更には何か所も倒木で道が塞がれています。 それにもめげずに自転車を抱え進むと展望台にでました。 ここまで頑張ったご褒美、眼下には三浦海岸、大島もすぐそこといった素晴らしい眺望です。

2017oct232.jpg
そこからさらに険しい山道を進むこと1.6キロ、ついに武山山頂にとうちゃこ。 右手には先ほど横を通ったNTT研究センター、東京湾越しにはスカイタワーや筑波山まで見えます。

2017oct233.jpg
自転車は展望台脇の桜の木に寄りかけて。

2017oct234.jpg
展望台の反対側には武山不動院。

2017oct235.jpg
帰りは舗装された道を林・一騎塚方面へと下ります。 途中の休憩スペースからは台風一過の青空を背景に富士山を望むことができました。 しかしこの後、急坂の連続でついに転倒…。 良いこのみんなは自転車で武山は止めましょうね。


三浦半島情報 | 11:50:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
台風一過
久しぶりに家ごと吹き飛ばされそうな凄まじい暴風雨でした。 まだまだ強風と小雨の残る早朝、犬の散歩にでかけようとすると…

2017oct23b.jpg
ウィンディのシンボルの一つでもあるヤシが一本倒れ掛かっています。

2017oct23d.jpg
先端部分が一部道路にかかっていて、人が気付かずに下を通ると危険なだけでなく、大型車の通行にも支障がでそうです。

2017oct23c.jpg
早く何とかしないと … 困ったワン! というわけで午前中はヤシの伐採と後片付け。

三浦半島情報 | 12:26:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
久里浜・田浦線 開通
9月30日、ついに久里浜田浦線の平作―衣笠城址間がついに開通しました。 最初に計画が持ち上がって数十年、衣笠工区は2008年の整備開始から今回の開通までなんと10年。 地元民からすると嬉しいというよりあまりに時間かかりすぎて今更?といった感じ否めません。

2017oct1a1.jpg
新たに開通した平作側の入り口から少し進むと、すぐに平作トンネル。 トンネルの上には小道が通っていて、左行くと衣笠中学、右に進むとウィンディもお世話になっている渋谷鉄工所さん。

2017oct1a2.jpg
平作トンネルを抜けるとしばらく緩やかな上り坂が続きます。 数百メートル進んだところで平作トンネルを振り返ります。

2017oct1b.jpg
久里浜方面に向かってさらに進んだ所。 左手、歩道沿いの木々の間からは衣笠中学が少しだけ見えます。

2017oct1c.jpg
中間を過ぎ、平作方面に向かって振り返った所。 このあたりは緑も深くなっています。

2017oct1d.jpg
ここからは長い下り坂になります。 向かって左は衣笠山公園、右が衣笠城址。

2017oct1e.jpg
今回開通した衣笠工区はここまで。 信号を右折すると、三浦縦貫道入り口。 信号を直進して数十メートル進むと横横衣笠インター入り口になります。 これで葉山・池上と佐原・久里浜がぐっと近づき、衣笠十字路の慢性的渋滞も少しは緩和されるのではないでしょうか。

2017oct1g.jpg
衣笠城址から山科、大田和と抜け、本日の折り返し地点の佐島漁港。
 
2017oct1f.jpg
ロードバイクには余計なものを付けたくないので腕時計型のバックミラーを購入。 テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、ハナちゃんになーれ!

2017sep30a.jpg
この姿ならババ様に気づかれずにそっと見守り介護ができます。 


三浦半島情報 | 21:27:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソレイユの丘
昨日初めて "長井海の手公園 ソレイユの丘" に行ってきました。三浦半島の西海岸にオープンしてすでに数年が経っているのですが元来の出不精もありこの度ようやく初ソレイユが叶いました。

13903a.jpg
駐車場脇の正門にて我が家のバサマとその妹君。2人の合計年齢がなななーんと183歳。ちなみにソレイユの丘は入場は無料なのですが駐車場料金が高く、普通車で千円。これではちょっと気が向いたときに行ってみようという気にはなれませんね。せめて横須賀市民割引とか老人割引のサービスがあってもよいと思うのですが。

13903b.jpg
正門には案内所と土産物売り場が併設されており、そこを抜けると今の時期はちょうどヒマワリが見ごろを迎えていました。 花畑の中から今にもソフィアローレン、はたまたモロゾフコーチが現れてきそうな、そんな雰囲気。

13903c.jpg
ここのヒマワリの花はやや小ぶりなのですが、真っ青な空の下、そよ風のリズムに乗って踊る無数の黄色い花たちは日常の雑念を全てを忘れさせてくれます。

13903e.jpg
ヒマワリ畑の隣はコスモス畑。しかし9月初旬ではコスモスにはまだちょっと早いようです。

13903d.jpg
夏休み明けの平日ということもあり、ほとんど人影もなく実にのんびり、ゆったりと時間が流れてゆきます。

13903f.jpg
これはススキではなくパンパグラスみたいです。お台場のプロムナードにある巨大なパンパグラスに比べるとだいぶ小振りです。

13903g.jpg
こちらはデイキャンプ場というかバーベキューガーデン。やたらにだだっ広く一体何人分なのか収容人員の見当もつきません。

13903h.jpg
こちらは水上ステージとありました。パンフレットによるとここの水上で四季おりおり、様々なイベントが繰り広げられるとのことです。

13903i.jpg
この日はピーカンの青空というより、残暑がやたら厳しく動物ふれあい広場の羊さん達もグロッキー状態。

13903j.jpg
別の作の中にはアルパカとなぜかぶーちゃん。那須高原までゆかなくとも横須賀でもアルパカに会えるということを初めて知りました。でも暑さもあってかここのアルパカはまったく愛想なし。あんまり態度が悪いと店長を呼んじゃいますよ!

13903k.jpg
お馬さんやロバ君にも乗ることもできるようなのですが今日は皆さん開店休業状態。

13903l.jpg
ソレイユの丘の下には長浜海岸の海水浴場が広がっています。

13903m.jpg
このおしゃれな建物はホタル館展望台。その名の通り、一階はホタルの幼虫の展示や説明(これが日光結構というより今市居間に、見ていろ俺だって)、塔の上は展望台となっています。

13903n.jpg
塔の上から西の方向、相模湾越しに鎌倉小田原方面を眺めます。雲さえなければ正面に大きく富士山が見えるところなのですが、うーんとっても残念。

13903o.jpg
展望塔から少し下ったところに広がるジャブジャブ池。膝より浅い水たまりというかプールが幾つかあり、水着に着替えた幼い子供たちが水遊びをする横でお母さん方は足だけ水につかった足湯状態で寛いでいました。
犬を連れて来ることができればきっと楽しいのでしょうが、なんとここソレイユの丘はペット連れ込み禁止。最近は非常識な飼い主も多く、他のお客さん方に迷惑がかかるという事もあるのかもしれませんがちと残念。

13903p.jpg
小一時間園内を一回りして入園ゲート横のヒマワリのお花畑に戻ってきました。
今回はご紹介できませんでしたが、園内には機関車型のバスが走っていたり、ゴーカートやアーチェリーを楽しめる場所、各種工房、レストラン、さらには富士山を眺めながら入浴できる温浴施設 "海と夕日の湯" もあるのです。次はぜひ富士山がよく見える日に来てみたいものですね。

三浦半島情報 | 23:17:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。