FC2ブログ
 
■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

浅草岳トレッキング
今回は10/18、先週の月曜に登った浅草岳トレッキングレポートです。

浅草岳は福島県と新潟県の県境に位置し四季折々の美しい景観と比較的お手軽に登ることができることからハイカーやトレッカーにも人気の山です。当日は那須高原にある友人のペンションを朝6時に出発。新潟県側山麓にあるネズモチ平駐車場に9時に到着。そこから約2時間半かけて山頂を目指します。



浅草岳には幾つかの登山ルートがあり、他のコースが4時間から5時間かかるのに対してこのネズモチ平コースは所要時間が約半分...つまりそれだけ傾斜が急になっています。



駐車場に車を止め10分ほど歩くと登山口に到着。しばらく歩くと行く手に渓流。足場になるような岩をみつけながらなんとか向こう岸に渡ります。



同じような渓流をあと二つ渡った後、暫く登るといつしか紅葉の只中にいました。









ここからがかなりな急坂というかほとんど登山の世界。これでもれっきとした登山路の一部なんです。年配のトレッカーや若い女の子たちもめげずにこの道をビシバシと登ってゆきます。



ふと木の間からふもとを見ると駐車場がずっとむこうに小さく見えます。ちょっとわかりずらいのでズームアップ。











滴る汗、足腰の痛みにもめげず更に上へと進みます。するとまたまた難所が立ちはだかります。ここはもう四足歩行。泥にまみれたロープにつかまりながらやっとのおもいでなんとかこのステージもクリア。



さらに暫く登るとしだいに視界が開けてきました。うーん疲れたけどここまで登ってきた甲斐がありました。遠くむこうにみえるのは新潟から山形にかけての山々ですね。







ついに山頂、ではなく山頂まであと一息という案内。ここはもう一つの登山ルートとの合流点で、左が浅草岳山頂、右へいくと別の登山ルート。







ここまでくると本当に素晴らしい眺望を楽しむことができます。先ほどまでの泥にまみれた急坂や獣道がうそのように平原というか湿地が広がります







ここでは春先にはスキーも楽しめるそうですが当然リフトなど無いしここまで板を持って登ってくるのは並大抵の根性ではできません。







湿地帯を横切る木道をゆくとやがて目の前に山頂が。あと一息。でもじつは最後の急坂がこれまた疲れきった足腰にはとっても厳しい。

















ついに山頂に着きました。とても気持ちよいのですが喉がからからです。でも水がありません。登山口近辺にもコンビニくらいあるだろうというドラロクさんの甘い言葉を信じた私はお馬鹿。ペットボトルの底にわずかに残った朝食のミルクティーでささやかに一人乾杯。



眼下に見えるのは只見湖と続く田子倉湖。









そして正面に見えるのが鬼が面山の絶壁。

人はなぜ山に登るのでしょうか?私の場合は煙といっしょで高いところが好きだから、ではなくて単に遠くが見たいから。

















旅・温泉・トレッキング | 12:41:39 | トラックバック(0) | コメント(0)