■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりの温泉シャワー
昨夜からの雨も上がり青空が広がっています。朝の天気予報によれば横浜地方は20度近くまで気温も上昇とのこと。久しぶりに温泉シャワーで体を洗ってもらう絶好のチャンス。



まずはバーディさんから。ここ1,2週間で急に体が衰弱、一人で歩くこともままならず、寝たきり老犬、要介護3クラスといった有様だったのですが、今朝は気温が高かったこともありほぼ自力歩行でシャワー台の横まで到着。 垢が溜まっているので耳の中もしっかり洗浄。とても気持ちよさげですね。





















つづいてメリーさん。水嫌いのメリーさんのシャワーはいつも大変。おしりに●●●がこびりついていることがあるのでその辺りを重点的に洗浄。「控えおろう! この●●●が目にはいらぬか!」 我が家の肛門様とったところでしょうか。





















ハナちゃんは手がかかりすぎて写真撮影どころではありませんでした。そういわけでシャワー写真無し。三匹とも無事に洗い終わり、みんな日向でくつろいているところ。ひとりハナちゃんだけすごい勢いで体を振って水をきっています。人間脱水機ならぬ自動脱水犬といったところです。













スポンサーサイト
よもやま話 | 12:09:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣笠山ノボレ 二〇八
さて本日は久しぶりのお休み・・・などと言うとどこかから石が飛んできそうですが、以前から登ってみたかった衣笠山公園にハナちゃんメリーさんと一緒にトレッキングというか散策に出かけてきました。今回の散策についてはさらに詳しい、もう少し良い画質で、より沢山の写真を Windy Gallery の方で近々アップする予定ですのでお楽しみに。







衣笠山には登山と言うか散策ルートが多数ありますが、今回はそのうち、衣笠病院裏から平作にかけての3つの登山口をチェックすることができました。



衣笠病院裏の住宅街の中を進んでゆくと、急に道幅が狭くなります。道幅約50センチ、マツコデラックスだと通り抜けることができないくらいのまさに奥の細道。しばらくゆくと衣笠山公園登山口(写真左)が見えてきました。



















しばらく山道を歩いていると、突然目の前にコンクリートの舗装路。それに沿って造られた湿地帯モドキの中にはきれいに整備された木道まで通っています。



一体いつの間にこんなものができていたんでしょうか?しかし考えてみると地元に住んでいながら衣笠山に登るのは高校の時、子ども会でキャンプに来て以来。およそ40年ぶり!! 光陰矢のごとし。ハナちゃんメリーさんをつれて桃太郎というよりもう浦島太郎状態です。







少し登るとそこは「わんぱくの森アスレチック広場」。うーんヨコスカ市役所恐るべし。税金をどかどかっと気前良く投入、人知れぬ山奥にこんな立派な施設や道路をつくっていたとは。衣笠駅から歩いてもそれほどかからないし、車もOK。横須賀近辺にお住まいの方でお子さんのいらっしゃる方は一度は是非遊びにいらして下さい。他にも森の急斜面にかなり長く楽しそうな滑り台もありました。ちょっと試したかったけど今回は我慢。

















わんぱくの森を抜けるとそこには山小屋風のこぎれいなお手洗い。さらにその先を行くとこんどはきれに整備された湿地帯の斜面。



















「ほたるの里」とあります。うーん初夏の頃に夕涼みがてらまた来てみたいですね。そこから再び山頂を目指して坂道を登ります。この辺りは山道といってもずっとコンクリートで舗装されてます。雪が降ったらスキー板をかついで来たいですね。



















しばらく山道をのぼるとついに衣笠山の広場の展望台に到着!ここからは横須賀の市街地から走水そしてそのむこうの房総半島が一望できます。下の写真(右)は東京湾唯一の無人島である猿島。



























トラトラトラ!、ワレ登頂に成功せり。さてはるか下の方、三段重ねのマンションの左脇、かすかに毎日のお散歩ルート、裏山公園への階段が見えます。よく富士山の写真を撮ったりしている裏山公園はちょうどこのマンション最上階の裏手になっていて残念ながらここからは見えません。





















展望台から見た大楠山、また展望塔の床にはこんな方角案内盤も。これによるとこちらの方向にあるのは東京湾と観音崎、そのずっと先にはニューヨーク。東京湾は見えてもさすがにニューヨークは見えません。読みにくいかもしれませんが中央がニューヨーク、右にパナマ、左はアンカレッジとなっています。アンカレッジの更に左はモスクワ、そしてさらにその左がロンドンと、まさに世界一周。

















帰り道に横道を探索するとなんとこんな朱塗りの太鼓橋(モドキ)が。その先は「昆虫の森」となっていました。今日はあまり時間も無く空模様もあやしくなってきたためその反対側にあった「小鳥の森」を通って下山することにしました。とてもきれに整備された竹林で、小鳥の森というより「かぐや姫の里」といった風情がありました。



















今日はきちんと時間も計らず、また脇道にそれたりと正確なことはお伝えできませんが、おそらく「わんぱく広場」や「ほたるの里」なら衣笠駅からゆっくろ歩いても2-30分。山頂まで登っても4-50分といったところではないでしょうか。



一部急な階段もありますが全般的には勾配もそれほどきつくはありませんでした。またお手洗いも途中に山小屋風のものが二箇所、山頂にも一箇所と完備しており安心です。わんぱくの森には犬が水を飲めるような高さの蛇口の水道もいくつかありました。



散策に、犬の散歩に、さらにお子さんを連れてピクニックと。絶対お勧めできます。ドラロクさんも星野さんも、どんな人でも安心して登れる衣笠山公園、ワタクシ自信を持って水仙します!!!(なんちゃって)







旅・温泉・トレッキング | 17:19:43 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。