■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
那須連山・三斗小屋温泉トレッキング
仕事に、犬の散歩に、高齢者介護にとそれなりに多忙な中、何とか日程をやり繰りして、10/25,26と山岳トレッキングに行ってきました。



目指す目的地は栃木県那須連山の中の三斗小屋温泉、電気も通っていない山奥のまさに秘湯の宿。カメラを手にいざ出発



今回同行してもらったのは大学時代からの友人で、那須在住の国際標準規格のISO氏。(この部分は MJことマイケル冗談ではなく, UJこと受けない冗談となっております。)



まずはロープウェイで茶臼岳9合目まで行き、そこから茶臼岳山腹沿って牛ヶ首を目指します。




ふと見上げると青空に噴煙を上げる茶臼岳。 お願いだからしばらく噴火しないでちょうーだい!(てなもんや三度笠の財津一郎のの口調で)



三十分ほど歩くと牛ヶ首。 急に視界が開けます。この景色、美しいスカイラインを見るだけでもここまで登ってくる価値は十分にあります。



風の通り道になっている牛ヶ首で恐怖の強風の中、ISO国際標準規格のオムスビランチを食べてから、遥か下の方に見える姥ヶ平に向かって下ってゆきます。



姥ヶ平はこんな感じ。ここまで下ってくると無風状態。おまけにおあつらえ向きに木のベンチとテーブルまであるじゃありませんか。お昼はここまで待てばよかった。



ここは有名な撮影スポットのひょうたん池。 紅葉の最盛期にはカメラマンでごった返すそうです。 これが有名なダイヤモンド藤倉。ではなくて茶臼岳&湖面に映りこんだ茶臼岳。



茶臼岳と這い松など高山特有の緑を背景にわずかに残った黄色く色づいた葉がきれいです。



延々と沢伝いを降りて登っての繰り返し。まるで修験者になった私。



さすがに疲れが溜まってきたのでここらで小休止。



休憩後更に進むこと小一時間、ついに三斗小屋温泉に到着。



宿に着くなり早速名物の露天風呂へ。 まだ時間も早く誰もいません。



展望抜群の山上の露天を一人占めというか二人占め。最高に気持ち余暇、余暇。



翌朝目を覚ますとあたり一面がほんのりと雪化粧。

小雪の舞う中、露天風呂へGO! ところが夜間の冷え込みのせいもあってなんとこれがぬるま湯。

ぬるま湯育ちの私にびったり。でも一旦入ったら中々出られなくなってしまいました。



まだ10月の末だというのに、山では冬が駆け足でやってくるんですね。



寒さの中、お腹を空かせた熊さんが現れないことを祈りつつ、雪をかぶった笹の中を進みます。


紅葉はもうほとんど終わりかけていたのだけれど、代わりにこんな素敵な景色に出会えるなんてラッキー。



でもこれじゃ晩秋のトレッキングというより本格的な冬山登山。八甲田山の行軍状態。


大昔のコマーシャルだとここで ”違いの判る”冬山写真家が高級インスタントコーヒーを飲みながら一言、「うーんマンダム」。最近は歳のせいか記憶がごちゃごっちゃ。


暴風雨というかブリザード荒れ狂う峠を過ぎると、やがて目に飛び込んできたのは美しい緑の山肌と紅葉の対比



雪と花と木立が織り成す幻想的な美しさ。


峠から吹き降ろす強風に背中を押されながらなんとか下山。強風のためでロープーウェイも運転中止のようでした。お疲れ様でした。

スポンサーサイト
旅・温泉・トレッキング | 18:10:44 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。