■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝のプライベートドッグラン、桜の森
毎朝の散歩の折り返し地点にもしているこのところお気に入りの場所が衣笠山公園の桜の森です。



草笛の道から山頂を目指し、展望塔下南斜面にある広場にでます。展望塔から見渡す東京湾や丹沢、富士山も捨てがたいのですが今朝はあいにくの曇り空なので展望塔はパス。



ここから衣笠インター方面に、南側の斜面を下ってゆきます。



薪を組んだような階段を下ってゆきます。この階段、誰が考えたのか知りませんが見た目だけ重視で機能性はゼロ。歩く人間のことを全く無視した天晴れなデザイン。外面ばかりに気を配り、中身のない、まるで使えないところは現政権与党そっくり。



しばらく下ると、道端に小さな、桜の森入り口の看板が立っています。



入口の階段脇に何やらチェスの駒のナイトみたいな木の彫り物。



ちょっとわかりづらいのですがこれは野兎さんなのでした。



階段を下りたところに桜の森は広がっています。おそらくここは昔キャンプ場他会った跡地だと思います。



広場の中央には木製のテーブルと椅子のセットがあります。ピクニックなどで来た人がここでお昼を食べられるようになっています。



もう昔の面影は全くありませんが、たぶんこのあたりには炊事場やかまど、それにトイレもあったはずです。ここでキャンプなどしてたのはもうかれこれ40年以上も昔の話。祇園精舎の鐘の音ではありませんが時の移ろいに無常を感じてしまいます。



テントなど持ち込めばキャンプはできそうですが、それよりも今は絶好のプライベートドッグラン。 早朝のこの時間、特にこの場所は本当に貸切り状態で、誰に気兼ねなく犬を遊ばせてあげることができます。 上の広場や展望塔あたりだとこうはゆきません。



特に今の季節は山桜の花びらの舞う中、新緑に包まれ最高に気持ちがよい場所です。 皆さんもぜひ一度ワンコやニャンコと一緒に遊びに行ってみてください。
 


スポンサーサイト
お散歩 | 15:49:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月前半の放射線測定結果
4月前半の放射線測定結果一覧表です。 お花見の時期と言うこともあり4月前半は衣笠山公園の中の4箇所を計測。 単位は μSv/h (マイクロシーベルト毎時)で地表から約1mの高さで測定。




















































































































2012年

衣笠山公園

登山口竹林

衣笠山公園

草笛の道

山頂展望塔

下広場

衣笠山公園

上の広場

4/1

0.17

0.19

0.09

0.10

4/2

0.18

0.15

0.11

0.11

4/3

0.16

0.21

0.16

0.11

4/4

0.17

0.21

0.14

0.16

4/5

0.16

0.20

0.11

0.12

4/6

0.13

0.18

0.13

0.15

4/7

0.14

0.23

0.12

0.15

4/8

0.14

0.15

0.14

0.10

4/9

0.12

0.22

0.16

0.12

4/10

0.16

0.20

0.13

0.12

4/11

0.16

0.24

0.14

 

4/12

0.17

0.18

0.10

 

4/13

0.15

0.23

0.10

 

4/15

0.17

0.16

0.13

 




お散歩 | 08:28:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣笠山 桜開花レポートその4
今朝は青空もややかすんで半花曇状態。。明日は雨模様と言うことなので衣笠山の桜もおそらく今日辺りが今シーズンのピークとなりそうなのでカメラを持っていざ出発。



城北小学校の裏、小児科病院の駐車場から見た衣笠山山頂の展望塔付近。画面中央、山の上にぽつんと見えるのは展望塔横の鉄塔です。





衣笠山公園入り口の一つである竹林。メリーはいつもこの辺りでトイレタイムに入ります。我が家のワンコ達はお散歩道もトイレも区別がない天下御免の”バカモン”、でそれに対してこちらはその後始末をさせられる "クソトリヤ"。ワンコのお散歩もカースト制になっています。



ここは毎朝の放射線測定ポイント一つ。今朝の測定結果は0.16マイクロシーベルト/毎時でした。



竹林を抜け暫く階段を下ると草笛の道の入り口が見えてきます。一瞬、ターザンでも出てきそうな雰囲気。



ここが第二の測定ポイントとなる‘”昆虫の森”の入り口。ここから少し登ると”草笛の道”という標識がでてきますが一体どこが堺になっているのか不明。今朝は 0.20マイクロシーベルト/毎時。このあたりはいつもやや高めです。



草笛の道をどんどん登ってゆくと、途中眺望が開けたところがあり、眼下に衣笠中学校のグラウンド、遠く横須賀市街地の向うに東京湾、更に西に目をやれば丹沢山系。ちょっと足を止め、遠くを見渡しながら疲れた心をリフレッシュ。



満開のソメイヨシノに遅れて、山桜の白い蕾も少しずつ開いてきました。



山頂展望塔下、南斜面の小広場横の山桜。ここも測定ポイントの一つ。今朝は0.13マイクロシーベルト/毎時。



展望塔に登るといっぺんに視界が広がります。今朝はちょっと曇っていて富士山や丹沢はあまり見えません。



展望塔を囲むソメイヨシノと山桜、そしてその向うには大楠山。ここからは三浦半島の豊かな自然をゆっくりと堪能できます。



山頂展望塔から”上の広場”へ向かって下ってゆきます。ソメイヨシノがほぼ満開ですね。



スポンサー提灯も夜はそれなりに風情があるのかもしれませんが朝はちょっとお邪魔虫。



上の広場では白いソメイヨシノに混じってピンクの梅の花も楽しめます。



上の広場の中央に展望塔と言うか物見やぐらというかがあります。しかし上に登っても周囲をぐるっと金網が覆っていて本来の眺めを楽しむことはできません。うーん残念。



ここも毎朝放射線を測定するポイントの一つ。今朝は0.13マイクロシーベルト/毎時でした。この時期は放射線よりも花見客によるゴミ汚染の方が問題。でも昨日に比べると今朝はかなりきれいに片付いていました。お掃除担当の方々は本当にご苦労様。





上の広場からだいぶ下ったところに「歓迎 桜祭り」 の門と言うか看板があります。



そこからさらに衣笠病院方面に下って行く途中。 ”ホタルの里” というか谷ををちょっと上から見たところです。ここも近辺のワンコのお散歩コースになっているようでほぼ毎朝必ず数匹のワンコに遭遇。 ここを道なりに下ってゆくと竹林とは別の入り口、衣笠病院の裏から城北小学校へ抜ける道の途中に出ることができます。


 




桜や藤・季節の花々 | 10:47:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣笠山 桜開花レポートその3
連日の暖かな陽射しのおかげで、衣笠山公園の桜もいよいよ見ごろを迎えたようです。



東京はすでに満開とのこと。標高134Mのここ衣笠山山頂は今朝の段階ではまだ6部~7部咲きといったところでしょうか。





ここ山頂展望塔からは遠く丹沢山系や富士山を背景に、白い山桜や淡いピンクのソメイヨシノが美しい花々を咲かせ始めました。



展望塔の下にも展望台があります。以前この辺りには、横須賀市青少年の家があったはずです。 何時取り壊してしまったのか、今は跡形もありません。個人的にいろいろと思い出深い場所だったので時の移ろいと言うか、なんかとても切ない気持ちになってしまいます。









昔々、高校生の時、夏休み中ここで子ども会の一泊研修会があり、午後の自由時間だったか、会議室のテレビで高校野球の決勝戦を観戦したことを急に思い出してしまいました。当時全国的には全く無名だった東海大相模があれよあれよと言う間に決勝戦まで勝ち進んでしまい、決勝戦でも大阪のPL相手に乱打戦を制し、なんと全国優勝してしまいました。

あの時の感動が蘇って・・・もう忘れちゃいましたね。



山頂展望塔から上の広場のほうへ下ってゆくと、こちらがメインのお花見開場。このあたりはかなり開いてきていますね。



この提灯がなんともいえません。写真を撮るには邪魔だけど、それなりに風情と言うか、ある種一昔前、昭和のの香り漂っています。



それぞれの提灯には地元の商店や企業の名前が入っています。写真ではわかりづらいのですがこれ明かりがともっているんです。電気の無駄、一瞬そんな言葉も浮かんできましたが、年に一度くらいはいいですよね。



しかしここは日本の桜の名所百選の一つに選ばれていると言うわりには大木と言うか大きな樹木はほとんどなく、どちらかというと小ぶりな桜が中心で、あまり期待が大きいとちょっと拍子抜けしてしまうかも。 桜の大木がご覧になりたいという方は是非カフェウィンディにお越し下さい。毎年この時期タウンニュースにも取り上げられる樹齢百歳を越える竹次郎が今一番の見ごろを迎えています。






 




桜や藤・季節の花々 | 15:47:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣笠山 桜開花レポートその2
昨日から今朝にかけての強風はほんとうにすごかったですね。

せっかく開き始めた桜のつぼみがみんな風で吹き飛ばされてしまうのではないかと気が気ではありませんでした。

今朝は前回に引き続き衣笠山の桜の様子のレポート第二段をお届けします。

台風一過と言うか、まだ多少風は残っていますが青空が広がりとても清清しい朝です。



今朝も大楠山、富士山、丹沢ときれいに見えます。



山頂展望塔脇の桜も徐々に開花し始めていまし。



樹木によって多少差はありますが1部咲きから2部咲き、といったところでしょうか。



青空を背景に白い花がとてもきれいです。



今朝は東京湾の青さも一層その深みを増しています。



展望塔から少し下った「上の広場」あたりの桜は2部から3部、所によっては5部咲6部咲きといったところでしょうか。



昨日の強風にもめげずほとんどの提灯は無傷のようです。



この辺りは日当たりのせいか、5部咲き6部咲き。



この辺りは2部から3部咲き。



上の広場で毎朝放射線を測定するのはちょうどこの辺りになります。



ここは下の広場から上の広場への入り口。



この辺りには桜はあまりありませんが菜の花やその他の草花で、山頂の桜並木とはまた違った趣がありますね。


 




桜や藤・季節の花々 | 09:43:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
衣笠山公園 桜開花レポート1
三浦半島随一の桜の名所である衣笠山公園には2000本を越える桜があり、「日本さくら名所100選」にも選ばれています。今日は毎朝の放射線測定のついでにカメラを担いで山頂の桜の開花状況もチェック。



まずいつもの放射線測定ポイントの一つである山頂展望塔から一段下の南西斜面にある広場。



このあたりはそれほど日当たりも良くないせいかまだ桜の蕾の存在さえよくわかりません。



逆行の中アバンギャルドというか廃墟のようなというか山頂展望塔に向かって登ってゆきます。



この展望塔の一番上からは東京湾、丹沢山系、富士山と見晴らしがよいのですが唯一つ残念なのはそばを通る高圧線が眺望をスポイル。できれば何とかしてもらいたいのもです。



そこから東に向かって下って行くと左手に菜の花畑とさらにその奥に東京湾が見えてきます。





菜の花をみるとなぜか心が和みますね。



更に木々の間に東京湾を見ながら「上の広場」を目指します。上の広場と言う名前とは裏腹に山頂展望塔からちょっと下ったところにあります。



桜はまだまだですがなぜか商店名や企業名の入ったスポンサー提灯だけはすでに準備完了の満開。



朝早いせいもあってまだまだ肌を刺すような風がやたら冷たいのですが、なんか場違いな感じのアイスの屋台も準備オッケー。



放射線測定ポイントの一つでもある上の広場に到着。メリーとはなちゃんはしきりに芝生や周囲の雑草をついばんでいます。



ごらんのとおりまだまだかたい蕾。展望塔から上の広場にかけての山頂周辺は0部咲きですね。



ここから眺める東京湾は趣があってお気に入りです。



こちらは横浜東京方面です。ちょっとわかりずらいですがレインボーブリッジじゃなくてベイブリッジらしき橋が見えます。



上の広場からさらに下ってゆくと下の広場?というか 歓迎衣笠さくら祭り と書いた門がありました。



今週末から来週にかけてはここも相当な人出が予想されます。



そこからホタルの里にむかって下ってゆきます。ホタルの里といいながら、そこらじゅうに「まむし注意」の看板がたっていて、蛇嫌いの人たちはびびってしまいますよね。



この斜面には水仙がうわっているのですがもう見ごろはおわってしまったようですね。



家に戻って我が家の竹次郎桜をみると昨日よりもやや開花が進んだいるようです。山頂の衣笠山公園の桜に比べ2~3日は早いようですね。


桜や藤・季節の花々 | 09:59:16 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。