■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

日本のウエストポイント
せっかく望遠レンズを購入したと言うのに、それが6月初めという間の悪さ。
連日どんより曇っていたり、たとえ青空がのぞいていても東京湾はもやっていたりと、まともにお見せできるようなスカイツリーの写真は未だ一枚も取れていません。

朝衣笠山山頂に散歩に行った時はもやっていたのですが午後から青空が除き、空気も澄んできたようなので何とかスカイツリーの様子を確認したくなりました。でももう一度衣笠山に登るのは厳しいので、今日は以前から目をつけていた大明時の裏山に上ってみることにしました。

IMGP1915.jpg
大明時の裏山からは、東京湾の青がクリアに見えてきました。と言っても今朝の朝もやに比べてということですが。
手前には団地が広がっていますね。そして左手奥の方には旧横須賀プリンスの上層階部分がちょっと顔を出しています。

IMGP1919.jpg
画面中央、奥の方ですが、はっきりとしたことはいえないのですがもしかしたら東京湾アクアラインの海ほたる、あるいはその通風孔のようにも見えます。いずれにせよスカイツリーに関してはまたしてもお預け状態。 残念!

bouda1i.jpg
レンズを南の方へ向けるとなにやら針先と言うか煙突のようなものが見えます。実は針先などでなく、これこそ旧軍港都市横須賀が世界に誇る日本のウエストポイント、あの防衛大学校のシンボルの時計台なのです(たぶん)。多くの地元民からは防大と呼ばれ愛されています。一見、針先に見えて実は防大(の時計台)、これを日本の古い諺で ”針小防大” と言います。

IMGP1918.jpg
有能というかユニークな人材を数多く輩出し、日本や極東、そして全世界の平和に貢献。 更には様々な経済効果も含め地元横須賀にも大きな足跡を残してきたのが防衛大学です。 しかし重い心の病の中には、こんな学校はいらない、不要だなどと口走る精神疾患があるようです。「防大、いらん!」 「防大イラン」などと叫びだすこの種の精神病を専門用語ではボーダイイラン人格障害、また英語の発音だとアクセントが少し訛ってボーダーライン障害と言うようです。(くれぐれも冗談を真に受けないように!)

毎年3月、防衛大学の卒業式にはこの時計台目指して東京の首相官邸から時の総理大臣を乗せた専用ヘリがやってくるんですよね。そのうちに機会があったら是非防大校内の様子など撮影したいものです。でも無断でキャンパスに侵入して写真など撮っていたら、それこそどこかの国のスパイと間違われてしまいそうです。 

スパイと言えば防大の若い男子学生の方々にはロシアから可愛い制服姿の若い女の子の集団が「オトモダチニ、ナリマショ!チョット、中ケンガクサセテ、クダサイ」などとやってきたら特に注意して頂きたいと思います。KGB48のメンバー、それもスペシャルユニット”軍事機密しゃべらせ隊”の面々かもしれませんよ。


三浦半島情報 | 11:26:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
午後のスカイツリー
朝起きて空を見上げるとかなり曇っていました。ちょっと迷ったのですが結局カメラを持たずにお散歩に出発。でいつものように衣笠山山頂に着くと、ななななーんと曇り空ながら久しぶりに東京湾がくっきり見えるではありませんか。で視線を江東区方面に向けると、あらま!スカイツリーが肉眼でもばっちり見えてます。昨日まで無駄に持ち歩いていたカメラが今朝に限って手元にないなんて!何でこうなっちゃうの?

こんな目にあうのも我が身の太く、ではなく不徳の致す所。でも心の中は蝶々さんがゲロゲロと、蝶むかついてきます。朝からフラストレーションの塊と化してしまいました。 ああカメラさえ持って来て入れ歯!入れ歯、入れ歯の復讐戦、つーか歯医者復活戦じゃ,revenge of the dentist。午後も特に予定が入っていなかったので2時半過ぎワンコ達を引き連れ再度衣笠山山頂へ。

st1
朝に比べるとややもやっています。うーん何か嫌な感じ。写真右手には横浜のベイブリッジと思われる橋が見えます。

st1
写真のやや左下には旧横須賀プリンスホテル、今はなんて名前だったか忘れちゃいましたけど。その斜め右上には横浜のツバサ橋らしき橋がぼんやりと見えます。

st1
さて東京湾の向うを見ると、お、何とかスカイツリーが見えます。朝に比べるとだいぶ影が薄いというかぼやけてはいますが特徴ある第一展望台が何とか判ります。

st1
もうちょっとアップしてみると第一展望台だけでなく、高さ450Mの第二展望台もなんとか識別できます。朝カメラを持ってきておけばもっと鮮明な写真が取れたかと思うと、とても残念。でもまあ贅沢は言っていられません。だって一応こうしてスカイツリーとはっきり判る写真が撮れたのだから。

st1
もうちょっとくっきりと見えると良いのですが。 おまけに空の青も、海の青も、共に薄ぼやけたさえない青でここも減点パパ。

st1
スカイツリーの方は日光今市、じゃなかったイマイチだったので、最後におまけとして下山途中にホタルの里で撮った紫陽花のスナップを三点。

st1
st1
これからはどんなに曇っていても山に登る時は絶対にカメラを持っていこうと強く思ったのでした。うーんやっぱ、備えなければ憂いだらけ。人生何事も勉強!今日もいろいろ勉強になりました。

スカイツリー | 18:08:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
残念な写真ばかり
前回も書いたように、ここ三浦半島からでも天気というか視界さえよければスカイツリーがばっちり見えるのです。しかし日頃の行いがよほど悪かったのか、スカイツリー撮影のため購入した望遠レンズが手元に届いてからはずっと視界不良の毎日。
たとえ朝起きて窓から青空が見えていても、カメラを担いで衣笠山山頂まで来てみると、富士山も東京湾も白くかすんだもやの中。 朝もやが悪いのなら夕方ではどうだ、というわけで昨日急遽、夕食後にワンコたちを連れて衣笠山山頂へ。
IMGP1829.jpg
もうろくジジイ、じゃなかったもう六時過ぎで、日はすでに大楠山の向うに沈んでしまったようです。

IMGP1820.jpg
曇っているけれどせっかくこんな時間にこんな所までカメラ担いできたのでカメラを取り出し、まずは横浜方面にレンズを向けてみました。ベイブリッジ方面のはずなのでベイブリッジが見えるはずなのですが、視界不良の中、三脚もなくそれも手持ち撮影と言うことでぶれぶれ、ぼけぼけの写真になってしまいました。

IMGP1832.jpg
横浜からやや右方向、つまり北東よりにレンズを向けると工業地帯の明かりが見えてきました。

IMGP1838.jpg
スカイツリーはもうちょっと右よりだったような、でももやっていてなんだかぜんぜんわかりません。
IMGP1842.jpg
お、おおっと、これはもしかしたら・・・画面中央、かすかにスカイツリーらしき影が映っているようないないような。

IMGP1844.jpg
オレンジ色の楕円で囲んだ部分なのですが、どうでしょう、おわかりになりますか? うーんなんだかとっても残念な写真ばかりとなってしまいました。 次回はもっと条件の良い日に三脚をもって再挑戦したいと思います。

スカイツリー | 09:52:39 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad