FC2ブログ
 
■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

衣笠山公園 彫刻の森と桜開花状況 その1
今日は衣笠山の桜開花状況とその他衣笠山公園の見所についてご紹介します。


衣笠山公園でも麓の山桜は開花が進んでいます。ホタルの里の山桜もそろそろ見ごろを迎えようとしています。

IMGP3051.jpg
ホタルの里の上流、木の皮がところどころむけています。これは食料の乏しい冬の間にカワハギ、ではなく野生のリスなどによって食べられた跡のようです。木の皮って栄養があるんでしょうかね。

IMGP3053.jpg
森の木々の間から真っ青な空が見えるのもこの時期ならでは。

IMGP3055.jpg
さて衣笠山公園、山頂下の「下の公園」付近ではさくら祭りの準備が着々と進んでいます。でも肝心の桜の方はまだまだ1,2分咲きといったところ。

IMGP3056.jpg
昔このあたりは海底だったのがその後の地殻変動で隆起して山になったわけです。その証拠がこの蟹、体長数十センチのキングクラブです。

IMGP3061.jpg
山頂の「上の公園」近辺もさくらの開花状況はまだまだ。今後の天候にも依ると思いますが、今日の様子では今週末ではまだ早そうです。来週中ごろから来週の週末3/30、31あたりが見ごろになるのではないでしょうか。できれば今週末にまた開花状況を報告させていただく予定です。

IMGP3068.jpg
これは最近「上の公園」から展望塔に向かう坂道沿いに登場したブラックドッグ。でも見方によっては猫にも見えてしまいます。犬なのか猫なのか見る人の気持ち次第、なんかロールシャッハテストみたいな彫り物です。

IMGP3070.jpg
展望塔下に怪しげな二つの影。おお!猪の親子の登場です。大きいほうはお母さん、その肉はとても滋養があり、心臓病などにも良く利く「イノシシの母 A」という薬の原料となります。

IMGP3074.jpg
展望塔から見た丹沢山系と富士山。山桜もちらほらと。

IMGP3075.jpg
富士山のアップ。この葉山国際カントリー近辺の高圧線でせっかくの景観が台無し。

IMGP3080.jpg
このところずっともやっていて見えなかったのですが、今朝は久しぶりにスカイツリーもなんとか写真に収めることができました。

IMGP3086.jpg
菜の花ももうしばらくの間、楽しむ事ができそうです。

IMGP3084.jpg
ドラロクさんのご忠告に従ってアップも一枚。

IMGP3087.jpg
山頂から下って、ひさしぶりに「わんぱくの森」に行って見ると、またまた何やら怪しげな影。

IMGP3089.jpg
おおー!、これは古来より衣笠山に生息する幻のオオトカゲの子供、学名コドモドラゴンではありませんか。うーんラッキー。以前見たときには口から針金の舌が長く突き出てきたのですが、この近辺のお子様達によって抜かれてしまったようです。モンスターペアレントにコドモドラゴン、こんなんだから学校の先生が対応に苦しむのも当たり前。

IMGP3090.jpg
横須賀市がその潤沢な資金をつぎ込み莫大な費用と年月をかけ完成させた「ワンパクの森」のアスレチック施設。

IMGP3092.jpg
おおー!またまた怪しげな動物がこちらを見つめています。

IMGP3093.jpg
ウシ?、それとも日本カモシカ?、よくわかりませんがとにかく角が二本。木の切り株をなんとも巧みに利用しています。アイデア賞を差し上げたい!

IMGP3095.jpg
帰り道、またまた木の切り株の上に何やらいます。

IMGP3097.jpg
おお、これはカタムツリ、じゃなかった、カタツムリ。こちらも倒木の幹を巧みに利用しています。これらはすべて衣笠山公園の管理人の方々でによる労作というか快作と考えられます。思わず「いい仕事してますねー!」。衣笠山公園を訪れる際は桜だけではなく、この隠れた芸術作品群も見逃さないようしっかりチェックして下さいね。

桜や藤・季節の花々 | 19:19:18 | トラックバック(0) | コメント(0)