■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

台風一過
各地に大きな被害をもたらした台風18号ですが、ここ三浦半島での雨量はそれほどでもありませんでした。しかしすさまじい風が吹き荒れ、衣笠山公園では道のあちこちに太い木の枝が落ちていたり、あるいは木々の枝の間にぶら下がっていたりと当分の間、散歩の時には頭上をチェックしながら歩いた方がよさそうです。

13918c.jpg
昼過ぎには台風も通り過ぎ、日が沈むころになると西の空がオレンジ色に染まっています。早速カメラ片手に裏山に。久しぶりに、茜雲の下、富士山の形ががくっきりと見えます。

13918d.jpg
青空と山並みは刻一刻とその色彩を変えてゆきます。

13918e.jpg
オレンジ色に染まる夕闇の富士。

13918f.jpg
水蒸気、スモッグ、細かなチリや埃など台風が空中の汚れをすべて吹き飛ばしてしまったのでしょう。これだけくっきりと富士山が見えるのは久しぶりです。

13918h.jpg
翌朝は秋の海と青空を探しに、逗子海岸の渚橋にある喫茶店へ。この店のベランダはとても眺めがよいのですが夏の間はちょっと日差しが強すぎて、あまり利用しませんでした。でもここにきて潮風に包まれベランダで飲む紅茶がとてもおいしい良い季節になりました。

13918g.jpg
逗子海岸の湾内では多くのウィンドサーファーのんびりと秋風に身を任せ、とても気持ちよさそうです。

13918i.jpg
逗子海岸の渚橋から見る黒富士。富士山の手前には江の島。

13918j.jpg
逗子海岸でお茶を楽しんだ後は葉山の湘南国際村へ。 ここも晴れた日には、相模湾越しに富士山がとてもよく見える絶好のビューポイント。ただ残念なことにこの近辺には富士を眺めながら手軽にお茶が飲める喫茶店やレストランがありません。

13918a.jpg
この夏はやたらに暑かったこともあってか、ここにきてこんな珍客を家のあちこちで見かけます。洗面所で顔を洗おうとしたら、何か排水口から出てきました。

13918b.jpg
おお、守屋くん!久しぶり、ではなく家守くんでした。

富士山 | 11:37:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
ソレイユの丘
昨日初めて "長井海の手公園 ソレイユの丘" に行ってきました。三浦半島の西海岸にオープンしてすでに数年が経っているのですが元来の出不精もありこの度ようやく初ソレイユが叶いました。

13903a.jpg
駐車場脇の正門にて我が家のバサマとその妹君。2人の合計年齢がなななーんと183歳。ちなみにソレイユの丘は入場は無料なのですが駐車場料金が高く、普通車で千円。これではちょっと気が向いたときに行ってみようという気にはなれませんね。せめて横須賀市民割引とか老人割引のサービスがあってもよいと思うのですが。

13903b.jpg
正門には案内所と土産物売り場が併設されており、そこを抜けると今の時期はちょうどヒマワリが見ごろを迎えていました。 花畑の中から今にもソフィアローレン、はたまたモロゾフコーチが現れてきそうな、そんな雰囲気。

13903c.jpg
ここのヒマワリの花はやや小ぶりなのですが、真っ青な空の下、そよ風のリズムに乗って踊る無数の黄色い花たちは日常の雑念を全てを忘れさせてくれます。

13903e.jpg
ヒマワリ畑の隣はコスモス畑。しかし9月初旬ではコスモスにはまだちょっと早いようです。

13903d.jpg
夏休み明けの平日ということもあり、ほとんど人影もなく実にのんびり、ゆったりと時間が流れてゆきます。

13903f.jpg
これはススキではなくパンパグラスみたいです。お台場のプロムナードにある巨大なパンパグラスに比べるとだいぶ小振りです。

13903g.jpg
こちらはデイキャンプ場というかバーベキューガーデン。やたらにだだっ広く一体何人分なのか収容人員の見当もつきません。

13903h.jpg
こちらは水上ステージとありました。パンフレットによるとここの水上で四季おりおり、様々なイベントが繰り広げられるとのことです。

13903i.jpg
この日はピーカンの青空というより、残暑がやたら厳しく動物ふれあい広場の羊さん達もグロッキー状態。

13903j.jpg
別の作の中にはアルパカとなぜかぶーちゃん。那須高原までゆかなくとも横須賀でもアルパカに会えるということを初めて知りました。でも暑さもあってかここのアルパカはまったく愛想なし。あんまり態度が悪いと店長を呼んじゃいますよ!

13903k.jpg
お馬さんやロバ君にも乗ることもできるようなのですが今日は皆さん開店休業状態。

13903l.jpg
ソレイユの丘の下には長浜海岸の海水浴場が広がっています。

13903m.jpg
このおしゃれな建物はホタル館展望台。その名の通り、一階はホタルの幼虫の展示や説明(これが日光結構というより今市居間に、見ていろ俺だって)、塔の上は展望台となっています。

13903n.jpg
塔の上から西の方向、相模湾越しに鎌倉小田原方面を眺めます。雲さえなければ正面に大きく富士山が見えるところなのですが、うーんとっても残念。

13903o.jpg
展望塔から少し下ったところに広がるジャブジャブ池。膝より浅い水たまりというかプールが幾つかあり、水着に着替えた幼い子供たちが水遊びをする横でお母さん方は足だけ水につかった足湯状態で寛いでいました。
犬を連れて来ることができればきっと楽しいのでしょうが、なんとここソレイユの丘はペット連れ込み禁止。最近は非常識な飼い主も多く、他のお客さん方に迷惑がかかるという事もあるのかもしれませんがちと残念。

13903p.jpg
小一時間園内を一回りして入園ゲート横のヒマワリのお花畑に戻ってきました。
今回はご紹介できませんでしたが、園内には機関車型のバスが走っていたり、ゴーカートやアーチェリーを楽しめる場所、各種工房、レストラン、さらには富士山を眺めながら入浴できる温浴施設 "海と夕日の湯" もあるのです。次はぜひ富士山がよく見える日に来てみたいものですね。

三浦半島情報 | 23:17:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
暦の上ではSeptember
いよいよ今日から九月、”暦の上ではセプテンバー!” でも蒸し暑さは夏真っ盛り。

暑さにめげず今朝の散歩は久しぶりにカメラを持って行くことに。ちなみにセプテンバーのセプトとはラテン語で数字の7、つまりセプテンバーとは7番目の月という意味。これはローマ時代には今の3月を年の初めにしていたためで3月から数えて7番目の月がセプテンバー。 蛇足ながら10月オクトーバーのオクトは8で、オクトパスとは八本足という意味。

2013901d.jpg
山の上のほうでは徐々に秋の装いが始まっていました。

2013901a.jpg
体力抜群のメリーさんも木陰で一休み。ちなみに根性なしハナちゃんは今朝のお散歩不参加。

これが日本社会に蔓延る血液型信者さんだと 「メリーは中型だから我慢強い」 とか 「ハナちゃんは小型だからわがままでマイペース」 とかの賜るのでしょうね。私の周りにもこうしたきちんとした科学的な根拠のないエセ科学を執拗に信仰し、かつ他人に押し付けようとしたり、恣意的に人々を分類・区別しようとするかわいそうな人たちがいます。 一向に減らない学校などでのいじめ問題の背景にはあのナチスドイツの蛮行にも通じるこういった無反省・無教養な人々の強い思い込みがあるのではないでしょうか。


2013901c.jpg
ススキを見るともう秋だなという気分になってしまいます。

2013901f.jpg
ここに来てさまざまな秋の草花が目につくようになってきました。

2013901e.jpg
秋浅く、隣の人は無視しましょう。

2013901h.jpg
これは山頂から少し下ったところ、下の広場にある「忠犬タマ公の碑」。忠犬タマ公の詳細については各自横の碑文をお読みになって下さい。

2013901i.jpg
忠犬タマ公の碑から少し歩いた森の中に突然木馬が出現。後ろのほうにはカエルもいます。何だろカエルと馬の組み合わせって?あ!これはもしかしたら木馬座のケロヨンなのかも。でも木馬が可愛いからと言って家に持ち帰ってパソコンの横に飾ろうなどと考えてはいけませんよ。トロイの木馬ウイルスに感染してしまう恐れがあります。

2013901p.jpg
木馬から森の中を下ってゆくと、衣笠神社の裏手にある衣笠山公園駐車場が見えてきました。

2013901m.jpg
駐車場とは反対側、衣笠病院裏の登山口へ向かい山を下ってゆく途中、ワンパクの広場付近。深い森の中から差し込む朝日。

2013901o.jpg
ワンパクの広場に佇む、紅葉前のもみじの緑がとても鮮やかです。

お散歩 | 14:49:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad