■プロフィール

ハナちゃん

Author:ハナちゃん
ジャックラッセルテリア♀
2009年9月7日生まれ

■最新記事
■最新コメント
■リンク
■Wind Whispers counter

■カテゴリ
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
衣笠山公園で紅葉狩り
連日の朝晩の冷え込みもあり、衣笠山公園でも紅葉が見ごろを迎えています。

2013nov29b.jpg
至る所、ふと頭上を見上げると鮮やかな紅葉が目に飛び込んできます。

2013nov29c.jpg
晩秋の枯葉は青空を背景に美しく輝き始めます。

2013nov29d.jpg
昨晩からの強風で視界良好、富士山もくっきりと見えます。

2013nov29e.jpg
個人的な好みなのですが、やっぱり紅葉といえば赤や黄色よりもオレンジ。

2013nov29a.jpg
マイペースなハナちゃんは今朝も元気。

スポンサーサイト
お散歩 | 23:11:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
墓場放浪記その1
これっきり これっきり もうこれっきりですか
これっきり これっきり もうこれっきりですか

2013_1121b.jpg
急な坂道 駆けのぼったら
今も海が 見えるでしょうか
ここは横須賀 ~ の汐見台

2013_1121d.jpg
汐見台を下り、短いトンネルを抜けると、
そこは金谷だった。

2013_1121e.jpg
墓場という聖地に、墓を求め、塔婆を求め、さまよう。
ハナちゃん、メリーちゃんの墓場放浪記。

2013_1121f.jpg
ハナちゃん&メリーちゃんです。
というわけで、今日は横須賀市金谷にやって参りました。
ここはご存じのとおり、三浦半島のほぼ中央、すぐ近くには「パパと呼ばないで」、俳優の故石立鉄夫さんも卒業した名門三浦学園高校もあります。今日お邪魔するお寺さんは 日蓮宗 金谷山大明寺さんです。


2013_1121g.jpg
山門を抜け、早速ご住職おすすめの墓場に直行。

2013_1121h.jpg
ここ金谷山はお塔婆も豊富なようです。放課後、山門を部活のトレーニング場として利用しているご常連の三浦学園の学生さん方にお勧めの墓石と、お塔婆について情報収集。

2013_1121i.jpg
いやー、横須賀辺りではまだこんなお寺さんが残っているんですね。この辺りにはまだまだ、こういった由緒あるお寺さんがあるはずです。まだまだ宵の口、もう2,3か所、お寺参り、行っちゃいましょうかね。

うるささや、墓にしみいる、犬の声

お散歩 | 22:22:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
晩秋の衣笠山山頂から 
朝、暖かな布団から出るのがつらい季節になってきました。 寒さにも寄る年波にも負けず、今朝もメリーと衣笠山山頂へ。

131113a.jpg
高くそびえる木々の間に澄み切った空の青さが覗きます。

131113b.jpg
寒さと共に海の青さもより深まってきました。

131113c.jpg
画面中央右に筑波山、左手には東京スカイツリーがうっすらと見えます。

131113d.jpg
山頂展望塔から雪化粧した富士さんがくっきり見えます。

131113e.jpg
寒い山頂から戻って朝ごはん。 食後はサンルームでずる休みしていたハナちゃんに加わってメリーも早速日向ぼっこ。


お散歩 | 17:52:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
elephant in the park
いよいよ今日から霜月。 晩秋の青空の下、今朝も元気に衣笠山公園にお散歩ミニ登山。

131101e.jpg
台風の後、頭上を見上げると公園のあちこちでかなり太い木の枝がぶらぶらと落ちかけています。いくら低くても山歩きはそれなりにリスキーなのでやなりヘルメットが必要なのかも。

131101b - コピー
写真右手の太い幹は桐の木。実はこの木のすぐ左隣、画面中央あたりにもう一本大きな桐の木が生えていたのですが先日の台風で根元からひっくり返ってしまいました。まだ幹の一部が片づけられずそのまま残っていますが、残りの枝や幹はどこへ行ったのかというと…

131101d.jpg
An elephant in the park, なんと台風で倒れた桐の木は象さんに生まれ変わっていました。 しかしなぜ赤い帽子なんでしょうかね。ちなみに英語に elephant in the room という表現があります。明らかにその場にいる全員が気づいているのだけれど、誰もあえて口に出さない、出せない深刻な問題の事をどういうわけか elephant と言うようです。

先日フロリダでコンビニ帰りの黒人少年が自警団の男性に射殺され、人種差別問題の新たな火種としてニュースでも大きく取り上げられていました。その時の記事に“裁判所の中に像がいて、みんなそれに気付いているだけれど誰もそれを口にしようとしない”とありました。 裁判官も、弁護士も、検察官も誰ひとりとして人種問題という言葉を公的に使おうとしないということでした。 でも日本の社会にもそれこそたくさんの elaphantsがうじゃうじゃいますよね。 

131101f.jpg
ふと足元をみれば、朝日を浴びた紫色のアザミの花。しかしバラでもないキク科のアザミの葉がなぜとげとげだらけなんでしょうか。

131101g.jpg
山の斜面、木々の間のスペースには至る所ススキやセイタカアワダチソウが群生しています。

131101h - コピー
山頂の歩道わきにある黒猫のオブジェ。オレンジ色のペンキがついているかと思ったらキノコみたいです。鮮やかというよりも毒々しい、いかにも食べちゃだめよ!といった感じの色。

131101j.jpg
山頂から降りてくると、ホタルの里の下流にある池のほとり、ここ数か月しばらく見なかった懐かしいし姿を発見。

131101k.jpg
カワセミさんは池の脇の小枝からいつもの定位置に移動、池の中央の岩の上に陣取ってじっと獲物を狙っています。

131101l.jpg
わんこに気を取られていた僅かの隙にシャッターチャンスをミス!もう岩の上に戻って餌を加えています。

お散歩 | 20:17:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。